フリドク 〜フリーランスの医師が医師転職・非常勤やスポットバイト・フリーランス・医師転職サイトについて考えるブログ〜

フリドクはフリーランス整形外科医が医師転職、非常勤やスポットによるバイト、フリーランスの働き方について考察します。退局や転職体験談、医師転職サイトの評価・評判・口コミ・おすすめなども紹介していきます。

医師のスポットでのバイトの上手な探し方!おすすめバイトサイトを厳選

医師の上手なスポットでのバイトの探し方!給与に不満がありお金が必要な医者に向けておすすめサイトを厳選してみた
医師のみなさんはスポットでのバイトをしたことはありますか?

単発のアルバイトのようなスポット勤務は、求人数としても非常に数多くあり、他職種と比べても給料がいい傾向にあります。

 

今回はスポットバイトの上手な探し方やおすすめのバイトサイトについて紹介していきます。

医師がスポットでバイトをすることのメリットは?

スポットでバイトすることに対する医師のイメージは?

みなさんはスポットでのバイトにたいしてどの様なイメージを持っていますか?

スポットでのバイトのイメージは

  • あまりいい条件のバイト求人がない
  • バイトの単価が安そう
  • 専門性の高いバイトはなさそう

などなどあまりよくないイメージから

  • スポットバイトはお小遣い稼ぎにちょうどいい
  • バイトの内容が楽そう
  • ゴールデンウィークや年末年始の長期休みにがっつり稼げる

なんてよさそうなイメージまで幅広く存在します。

しかし実際に働いてみないと、ほんとのところスポットバイトはどうなのか?というのはなかなか理解できません。

僕は3年目の時からスポットバイトをめちゃくちゃやっていましたので、考察してみましょう。

医師がスポットバイトで働くメリットは多い

それではスポットのバイトの魅力というものを考えていきましょう。

個人的にはスポットでのバイトは、医師にとってメリットがめちゃくちゃあると思います。

具体的には、

  • 暇な時間をお金に変えることができる
  • 若手医師はスポットバイトを通して医師としての経験値を稼げる
  • 定期非常勤だと都合が悪い時になかなか休みが取れない
  • 一回限りの勤務なので、勤務先が合わなくてももう行かなくていい
  • 一度行くと繋がりができ、次回以降直接仕事をもらえることがある
  • 施設側の緊急度が高い場合もあり、条件を交渉できることがある

などが挙げられます。

暇な時間をお金に変えることができる

前述した通り、医師のスポットでのバイトは一般的なアルバイトと比較して、確実に時給がよく設定されています。

これは専門職である医師の圧倒的な強みですよね。

例えば当直や予定が何も入っていない夜や休日などに、スポットバイトを入れることができると、医師はそれだけで数万円くらいお金が稼げてしまいます。

  • 今月は海外に旅行に行く予定がある
  • どうしても欲しいものがある
  • 友人や彼氏彼女の誕生日が近い
  • 飲み会にいき行き過ぎてお金がない 笑

だなどなど特別な出費の前にも有用です。

どうせ家でダラダラしてしまうだけなら、スポットバイトを入れてサクッと暇をお金に変えてしまえばいいのです。

若手医師はスポットバイトを通して医師としての経験値を稼げる

特に若手の医師に多いと思いますが、経験というものをできるだけ早く積みたい!と思ってもうまくいかない時ってありますよね。

このような時にスポットでのバイトは、自分の医療に対する経験をさらに積むチャンスになりえます。

例えば当直対応や外来対応などは、もちろん教科書的な勉強も重要ですが、それを踏まえた上で実戦を経験することによって、さらに知識がしっかりと身につくと考えます。

また他の医師のカルテを見ることができる機会にもなり、他の医師がどのような症状に対してどのような治療を選択しているかを経過として追って勉強することができます。

【関連記事】後期研修医こそ非常勤・スポットバイトをするべき3つの理由

定期非常勤だと都合が悪い時になかなか休みが取れない

定期非常勤のバイトは、多くの場合は月曜日や木曜日に勤務などの曜日固定で毎週勤務することが多く、場合によっては隔週でバイトだったり月1でバイトというような契約になる場合もありますよね。

これらの勤務は基本的には1〜数ヶ月前から「この日は休ませてください」と伝えておくと、休めるパターンが多くなります。

しかし基本的に休診を認めないとか、休診する場合はあらかじめ自分で代診を立ててくださいなんてことを言ってくる医療機関もあり、このような場合は休暇を取るのにもかなり難渋します。

実際に僕が以前勤務していた定期非常勤先では、僕が基本的に初診担当医として機能していた為、たとえ学会などでも休暇を取ることは認めないと言われていました。

また外来などの定期非常勤の場合、もし休暇を取ることができたとしても、そのしわ寄せは前後の週に確実にきます。

一方でスポットバイトの場合は「定期的な勤務があって無理な時に休む」というものではなく「暇な日があれば仕事を入れる」というものになります。

つまりベースが休日ということになる為、仕事をしたくなければ自分でスポットバイトを入れなければ勝手におやすみとなるわけです。

定期非常勤のバイトを休むのと、スケジュールの空きにスポットバイトを入れるのとどちらが楽か?と聞かれれば、僕は後者だと考えます。

一回限りの勤務なので、勤務先が合わなくてももう行かなくていい

定期非常勤や常勤として働く場合、他の医師や患者層・コメディカルとの相性や医療機関としての治療の方針などとどうしても自分が合わないと感じる場合があります。

このような場合は退職するという選択をしない限り、少なくとも契約した期間はたとえ合わなくてもその医療機関で勤務する必要があります。

しかしスポットとして勤務する場合は、次回もその医療機関で勤務するかどうかは医師に裁量権があります。

もしも二度とこんな職場で勤務するか!と感じたならば、そこの案件を選ばないようにすれば良いだけなのです。

自分のストレスが最小限になるように勤務調節できるのは、普段からストレスフルな職場で働く医師にとってのメリットであると言えるでしょう。

一度行くと繋がりができ、次回以降直接仕事をもらえることがある

スポットのバイト医師として医療機関で働いた時に、事務の人などと喋る機会があります。

そのような時に、稀ではありますが「今後も人手不足の際にはぜひお力添えを...」なんてことを言われる場合があります。

これは医師転職サイト側からすると御法度のようなのですが、医師からすればラッキーと捉えていい案件だと思います。

もしも直接交渉ができれば、条件をゆるくしたり給与を上げてもらったりの交渉がやりやすくなります。

こちらはお願いをきいてあげる立場になるわけですからね 笑

ただし自分から「もしよければ今後は個人として交渉を...」なんて持ちかけるのはあまりオススメしません。

こちらがルール違反をすると、医師転職サイトのブラックリストに入れられてしまうというリスクが生じるからです。

今後バイトを探すのが困難になるのは、正直かなりリスキーです。

【関連記事】直接交渉

施設側の緊急度が高い場合もあり、条件を交渉できることがある

 

 

スポットバイトの求人を見ていると、「お!?この求人めちゃくちゃ条件いいな?」と前のめりになってしまうような求人が落ちている場合があります。

例えば「勤務開始時間が後2時間遅ければ間に合うのに...」とか「月曜9時までだと次の勤務に間に合わないから無理だ...」、「日程的には可能だけど遠方だからできれば交通費も出して欲しい」という感じで、良案件なのに自分の希望する条件にわずかに合致しないなんて場合も少なくありません。

しかしそのような場合にすぐ諦めてしまうのは少々早計です。

まずは医師転職サイトを通して、勤務時間や給与などの調節が可能かどうか聞いて見ましょう。

医療機関側が求人に対して切羽詰まっている場合は、ある程度交渉に応じてくれる場合も少なくありません。

何もせずに最初から諦めてしまうより、とりあえず聞いて見てダメなら諦める方がチャンスがまだありますよね!

スポットバイトでの業務内容の種類は?

スポットのバイト医師に多いのは外来や当直バイト

スポットバイトの求人では、主に

  • 外来
  • 特殊健診
  • 各科の専門業務(麻酔や内視鏡など)

が一般的な内容となり、専門性が高くなるにつれて給与も上がって行く傾向にあります。

また、一般業務以外には

  • 健診
  • 救急対応
  • 当直
  • 脱毛・AGAなどの自由診療

などの求人の募集も多くあります。

専門医の指定などがない限りは基本的にはどの科の医者が何をやってもいいということにはなりますが、やはり自分の得意な分野を選ぶ方が心理的・肉体的ストレスは圧倒的に少ないでしょう笑

個人的には当直は結構好きで、交通費が出るものや、前泊可能な遠隔地の当直を見つけたら、とりあえず旅行気分で赴いたりします。

また、家にいてはダラダラして何もできずに終わってしまうことが多いので、自分の時間を多く持てるような外来などをしながら、ブログなどを合間にこなすこともあります。

外科系医師向けの専門的なスポットバイトは当直が多い

スポットバイトをしたいと考える医師はもちろん内科系だけではなく、外科系の医師にも多く存在しますよね。

外科医といったらやっぱり手術!と思いがちではありますが、残念なことにスポットバイトで執刀することはありえないと考えた方が良いでしょう。

なんなら助手としてはいるようなスポットバイトでも相当珍しいと考えます。

外科医として指定されているスポットバイトで多いのは、やはり当直でしょう。

当直に関しては内科系医師と外科系医師で分けて当直業務を行うような病院もあるため、このような医療機関で勤務すると、いわゆる外傷疾患などがもれなく自分の当直に振られることとなります。

たまに病棟管理なんてスポットバイトもあったりしますので、興味がある方はチェックしてみましょう。

いいスポットバイト求人は早い者勝ち!

スポットバイトを狙うたくさんの医師

スポットの求人を見ていると、「お!週末暇だしこれやりたいな!」と思えるようなものがチラホラ出てきます。

しかし、「空いている週末にスポットバイトをやってちょっと小遣いを稼いでやろう」なんていうのは医師ならばみんな結構同じことを考えるでしょう。

そのため土日のスポット求人は数ヶ月前などの早い段階からすでに埋まってしまうことが多く、稀に勤務日直前にすごくいい案件が湧いて出てくることもありますが、それはもうとんでもない速さで充足してしまいます。

さらに寝当直や脱毛外来などの誰でも出来るような負担の少ないスポットバイト求人も人気は極めて高く、あっという間になくなってしまいます。

スポットバイトを探している競合相手の医師を避けるべき

たとえばMRTなどは、医師ならば一度は名前を聞いたことがあるレベルの大手バイトサイトですが、スポットバイト求人の数に対して利用している医師は多いというアンバランスさがあり、争奪戦は熾烈なものとなっております。

スポットバイトといえども勤務するかを即決できることは少ないため、いい求人を見つけてマークしておく医師も少なくないでしょう。

しかし自分がマークしていたスポットバイト案件も、オペや手技が終わって帰ってきたらとっくに求人がなくなっていた、なんて悲しいことにな流ことも少なくありません。

ある程度決断力をしっかり持って求人を撮り逃さないようにしましょうね。

医師向けバイトサイトでスポットバイトを探そう!

スポットバイトを探すには情報処理能力が大切

スポットでのバイトといえども、バイト探しにはある程度コツというものが存在します。

スポットでのバイトを上手に探すコツは、

  • 可能な限り早く、たくさんのバイト情報を得る
  • できるだけ早く引き受けるか決める

ということです。

当たり前だろ!と思われがちなのですが、わざわざ書いたのには理由があります。

スポットバイトをバイトサイトで探す場合は、常勤・定期非常勤バイトを探す時と比較して、はるかに速いレスポンスを要求されるのです。

なぜかというと、スポットバイトの求人には面接なんてものもないため、医師からの申し込み=契約となり、猶予がほとんどないためです。

では普段の仕事も忙しくなかなか暇がない医師が、どうやったらうまくコツを抑えられるのかというと、

  • スポットバイトを探すのが得意なバイト求人サイトを使う
  • 複数のバイト求人サイトを利用し、求人の情報量を増やす

ということになります。

これはスポット求人を探す時に、絶対に意識しなければならないことだと思っています。

スポットバイトを探すための上手なサイトの使い方

好きな時に、好きな内容の仕事を選べるというスポットバイトの最大の利点を生かすためには、できる限り選択肢が多く、条件が選べる方が有利です。

バイト求人サイトによっては、曜日、時間帯、勤務地、仕事内容などの自分の希望条件を伝えておけば、

  • 良い求人があった場合にメールなどで連絡を貰う
  • 定期的に求人情報を送ってもらう

なんていう風にお願いすることもできます。

ピックアップされたメールは非常に有用で、返信するだけで契約まで結びつけてくれる場合もあります。

会社によっては専任のエージェントがついてくれる場合もあるので、その場合は最大限にエージェントを利用するようにしましょう。

ただし常勤や非常勤の医師転職のみで、スポットバイトの求人探しではエージェントがついてくれない場合ももちろんあるためそこらへんは注意が必要です。

複数のサイトを利用することによって、情報の量を増やして効率的に情報を集めるようにしましょう!

【関連記事】転職・バイトサイトに絶対に複数登録すべき理由!

スポットバイトの求人を探すおすすめサイト!

というわけで厳選して4サイトについて書かせていただきました。 

今回僕がおすすめとして選んだ基準は

  • スポットの求人数
  • スポット求人の検索のしやすさ
  • メールなどでの求人案内の有無
  • 比較的求人をGETしやすい

となります!

なのでMRTのような大手なども、前述した通り倍率が高い、検索しにくいなどの理由でおすすめから外しました。

スポットの求人が豊富であり、細かな指定が出来ると自分の希望条件の求人を見つけやすいですね!

そしてGETできなければ意味がありません!笑

では、おすすめのスポットバイト求人サイトを4つ紹介します。

スポットバイトを探したい場合

・医師バイトドットコム
・民間医局
・Dr.アルなび
・MCドクターズネット

が上から順におすすめ! 

1.医師バイトドットコム

スポットバイト探しでは医師バイトドットコムが非常に力になってくれます!

業界トップクラスの求人案件数を誇り、非公開案件の数もめちゃくちゃ多いです!

1分程度で登録ができ、登録後はメールによって希望条件に沿った案件の連絡が適宜きます。

そして必要なキャリアカウンセリング、希望に合った求人情報の提供、日程調整や交渉の代行まで、経験豊富なエージェントが全てサポートしてくれるのです

また好待遇・高額求人の紹介にも自信を持っており、「スポット勤務で月収80万円以上」など高額求人の紹介も可能とのこと!

全国のスポットバイト探しなら間違いなくトップクラスでしょう。

2.民間医局

全国に16拠点を展開しており、全国各地の好条件&非公開案件が豊富です。

そのため常勤・非常勤の転職でもおすすめなのですが、スポットに関しても求人数が多く、検索もしやすいため、安心して使用できます。 

全国に求人が多く存在するので、遠方に旅行気分で気晴らしに仕事しに行ってみてはいかがでしょうか。

また民間医局では、個人でも団体割引料金で加入できる「医師賠償責任保険」も提供しています。

スポットバイト先で患者とのトラブルに巻き込まれてしまった場合など、保険に入っていない場合多額の請求が飛んでくる場合もありますので、入っていない医師の方は必ず加入しておくようにしましょう!

 

3.Dr.アルなび

医師専門のバイト求人サイトとして長年の経験を誇る老舗のサイトです。 

常勤用と非常勤・スポット用がわかれており、情報の手に入れやすさが上がっております。

検索は画面上側のタブをクリックすることにより可能で、非常に見やすくなっております。

Dr.アルナビではポイントシステムが導入されており、ポイントがたまると1ポイント=1円でAmazonギフト券などに交換出来るようになっています。

登録して面談をするだけで2,000ポイントもらえ、勤務ごとにどんどんポイントが溜まっていきます!

また豊富な求人案件を扱っているだけではなく、一定期間が経過した求人情報にはアラームが立つ仕組みとなっており、常に新しい求人を取りそろえようと努力している点で高い評価を得ています。

 

4.MCドクターズネット

このサイトの検索は変わっていて、とりあえず日にち、時間、場所、給与がズラッとシンプルに表示されます

正直やや見にくいのですが、しかしこのサイトには他者と大きく違う特徴があります!

この会社は健診バイトやイベントでの医師募集などの掲載がめちゃくちゃ多いということです

イベントでの医師募集は求人サイトでも扱っているところはかなり少なくなっており、個人的には要注目です笑

全国22拠点で展開しているため、地方ニーズにも幅広く対応しております。

面白い情報が多いので一度登録してみてはいかがでしょうか!

数が少なく珍しいので、登録後は可及的速やかにエージェントと連絡を取って面談しましょう!

スポットバイト探しでおすすめバイト求人サイトまとめ

今回はメジャーどころからマイナーどころまで全部サイトを比較し、実際に使って見た上でおすすめを並べて見ました!

そのため常勤や定期非常勤バイト探しでお世話になったサイトも、スポット探しではうまく機能していなかったため掲載を見送りました。

スポットバイトは上手く使えば、医者の生活を大きく豊かにします。

また、寝当直などを探すことができれば、当直中の時間をうまく使うなんてことも可能になります。

一度はやって見てもいいかもしれませんね!

繰り返しになりますがスポットサイトを探す場合は、バイトサイトへの登録は必ず複数行うようにしましょう!