フリドク 〜フリーランスの医師が医師転職・非常勤やスポットバイト・フリーランス・医師転職サイトについて考えるブログ〜

フリドクはフリーランス整形外科医が医師転職、非常勤やスポットによるバイト、フリーランスの働き方について考察します。退局や転職体験談、医師転職サイトの評価・評判・口コミ・おすすめなども紹介していきます。

知り合いの紹介で医師が転職するメリット・デメリット、対処法を考える

知り合いの紹介で医師が常勤で転職するメリット・デメリット!コンサルタントは必要?
仕事を辞めるという話をしていると、ほぼ必ずでてくるといってもいいのが「知ってる病院紹介しますよ!」という知り合い医師や業者などのセリフです。

しかしこれにはメリットもデメリットも多く存在することをご存知でしょうか?

今回は知り合いの紹介で転職する場合のメリット・デメリット、それに対する対処法をかいてみたいと思います。

知り合いの紹介で医師の転職求人も貰えることはあるの?

仕事を辞めるという話を色々していると、知り合いの病院が実は医者を探してて・・・」なんて話をもらったりすることがあります。

そのため、転職の場合に必ず選択肢として豊富に存在するわけではなく、

  • 紹介しても大丈夫な人材だと思われている
  • 医療機関に医師の空きがある
  • 紹介してくれる医師や業者と仲が比較的良い

などなど良い条件が重なったときにのみ、紹介案件は発生します。

そのため紹介案件だけを頼りに転職をしようなんてことを考えた暁には、まず間違いなく仕事を見つけることが難渋してしまいます。

絶対に転職方法の主力で考えず、「紹介してもらえればラッキー!」程度で考えて、あくまでサブとして転職活動をしていきましょう。

知り合いの紹介で医師が転職するメリット

では知り合いが紹介してくれる医師転職案件は、いわゆる医師転職サイトなどから案件を仕入れる時と何が違うのでしょうか?

まずはメリットから考えていきましょう。

医療機関の情報がある程度用意されている

全く知らない医療機関の求人案件を紹介してくる人間はほぼおらず、なんらかの形で依頼されたという人が紹介案件を持ってくることが多いのではないでしょうか

僕も先輩医師や事務長、出入り業者など様々な職種の人間から医療機関の募集の話をいただいたり、同様に休職中の医師に求人を紹介させてもらったこともあります。

このような場合は紹介する側も、ある程度条件を仕入れてから打診する形になります。

特に以前勤務していた場所などの案件を紹介してくれる場合が多く、このような場合は内部の情報などもある程度仕入れることが可能になります。

外来のやりやすさやルール、手術の環境や病棟などの人間関係などは、医師転職サイトの業者にはなかなか仕入れることのできない情報ではあるので、仕入れることができればラッキー!という感じで臨みましょう。

初めから医療機関側もこちらを信頼してくれる

個人的な紹介というものはビジネスではないため、ある程度信頼というものが存在します。

我々が誰かを通して医療機関に紹介される場合、医療機関は「紹介者がわざわざ紹介してくれた信頼に足る人物」というポジションで我々のことを評価してくれます。

そのため基本的には対応もかなり前向きであることが多く、条件なども比較的優遇してくれる傾向にはあります。

逆にいうと、紹介されたことをいいことに面接時に無茶苦茶な条件などをいいまくっていると、「なんでこんな変な奴を紹介してきたんだ!?」と紹介してくれた人の評価も下がることには注意しなければなりません。

そうすると紹介者は「二度とこいつには紹介してやらない」ということになり、結果的に自分の首を絞める事態になりかねません、十分に注意しましょう。

医師転職サイトに出ていない案件が多い

医師転職サイトに掲載している医療機関の数は非常に多くなっておりますが、医師転職サイトに医療機関の情報を掲載する際には「掲載料」というものがかかります。

そのため最初は知り合いなどのツテをたどって、医師の紹介をお願いする場合も少なくありません。

実際に僕が知り合いから紹介を受けた案件は、ほとんどが医師転職サイトに掲載されていないものばかりでした。

必ずしもその案件が優良案件とは言えませんが、競合が少ない分ゆっくり交渉することなども可能です。

紹介の話をもらうことができた場合は、まずは話だけでも聞いてみて条件を確認してみることをお勧めします。

ただ逆のパターンもあって医師転職サイトに掲載されて、それでも人が決まらないと切羽詰まって条件が格段に良くなるというパターンもあります。

転職において、これだけやればいいという手法はありません。

またいい求人に出会えるかも、どれだけ情報を入手できたかと、あとは運になります。

医師転職サイトに紹介料が取られない分、給与交渉の余地がある

医師転職会社は、掲載している医療機関と我々が契約成立した際には、契約した給与の1年分の20%を医療機関に請求することがほとんどです。

掲載料や成約料などが、いわゆる転職会社の収入となるわけですね。

我々が基本的にお金を取られることはないのですが、医療機関としては「年収1000万円の医師と契約が成約した場合、成約料200万円を医師転職サイトに支払う」ことになるのです。

直接紹介の場合はこの20%が浮くことになるので医療機関としてはラッキーなのですが、我々としては少し欲を出してみたいところではありますよね笑

ただ、「浮いてるんだろ?20%よこせ!」と言って、はいわかりましたとなるところは絶対にありません。

どう頑張っても20%以下で交渉しないと聞く耳を持ってくれないでしょう。

くれぐれも紹介してくれた方に迷惑がかからない程度に交渉してみましょう。

知り合いの紹介で医師が転職するデメリット

一方で、紹介されることにより始めて出てくるデメリットなんてものもあります。

順に確認してみましょう!

転職に対する直接的な交渉がしにくいことも

先ほども話した通り、もしも交渉でもめてしまった場合、知り合いからの紹介の手前、なかなか変なことを口走るわけにはいきません。

めちゃくちゃ強気に出てしまったり、突拍子も無い条件を突きつけたりすると、紹介してくれた方の顔に泥を塗る結果になってしまう可能性があるからです。

そのため、性格がマイルドな先生などは、「迷惑をかけたくない・・・」なんて気持ちになって攻めた姿勢で交渉することをためらってしまう場合も多くなります。

事務長や院長・医長などに対して、自分の要望を初対面でしっかりと伝えることはできますか?

この点に関しては、医師転職サイトのエージェントに給与や労働条件の話をして交渉してもらう方が幾分か言いやすいのではないでしょうか

案件を断りにくい

同様に、案件を断る際にもなかなか精神を摩耗します。

医療機関に対してお断りをする返信をなかなかできずに先延ばしにしてしまうと、紹介してくれた方からも「どうだった?いけそう?」なんていう催促を受けることも多々あります。

このような場合に医師転職会社のエージェントがついていると、エージェントに気軽に気持ちを伝えるだけで断ることができるのですが、自分と知り合いを巻き込んで交渉している場合はそうもいきません。

逃げれば逃げるほどどんどん断りにくくなってしまうので、もしもこの職場で働くのは厳しいな!と感じたら、サッとお断りの連絡を入れるようにしましょう。

医療機関の悪い情報を仕入れにくい

医師転職サイトの優秀なエージェントは、こちらの質問に対して、たとえ悪い内容のことであっても正直に教えてくれたりするものです。

しかし紹介されて面接をしたりする場合は、医療機関の職員に直接質問しなければならなくなります。

医療機関側はいち早く医師を就職させたいので、馬鹿正直に悪いところを言ってくれるとは限りません。

また、紹介してくれた方も内部の深い話まで知っているとは限りません。

そうすると、悪い情報を全く知らないまま就職する形になってしまい、働き始めてから「自分が思っていた労働環境と違う!」なんていうジレンマに陥ってしまうこともあります。

全ての交渉を一人でやらなければならない

仕事を紹介される場合、医療機関と自分との間に必ず紹介してくれる人がいるわけですが、そのかたはあくまでも紹介のみであり、交渉や契約などには当然関与してきません。

つまり給与・勤務内容などの交渉や、実際の契約に関しては自分一人でやらないといけなくなります。

医師ではこのような交渉に慣れている方というのは正直少ないのではないでしょうか。

特に契約に関してはトラブルになることがかなり多く、できることならば第三者を挟みたいところではあります。

ただ紹介してくれた方をそこまで巻き込むのはかわいそうなので、自分がしっかりするようにしましょう!

絶対に雇用契約書関連はしっかりと目を通して、自分が納得する条件かを確認し、齟齬がないようにしましょう!

【関連記事】医師の転職で絶対に雇用契約書が必要な理由 

必ずしも良い案件とは限らない

一番注意して欲しいポイントとして、紹介してくれたからと言ってそれがいい案件とは限らない、ということがあります。

知り合いの話を鵜呑みにしてしまいがちな先生も多いかもしれませんが、そもそもそこの施設から軽く頼まれて探しているだけのことがほとんどです。

紹介してくれた方は別に医師転職サイトのエージェントではないので、別にこちらに契約してもらうようにいい案件を探して持ってきてくれているわけでもなく、たまたまあなたが仕事欲しそうだから持ってきた程度に過ぎません。

そこを履き違えて「先輩が持ってきてくれたからいい案件に違いない!」と即決してしまうと、働いてからギャップに悩むことになるかもしれません。

医療機関の内部の情報や、先方から提示された内容の吟味などはしっかり自分で行ってください。

あまりよくない案件の場合はあまり引き伸ばさず、バッサリ断りましょう!

デメリットを減らすために医師転職サイト併用

勘のいい先生方ならお気づきかもしれませんが、デメリットで挙げた内容というのは、全て医師転職サイトのエージェントがついていればほとんど回避することができることになっています。

紹介を受ける時でも医師転職サイトに登録しておくことで得られるメリットは2つあります。

1つめは、紹介を受けた医療機関の情報を、医師転職サイトのエージェントに聞くことができるという点です。

意外と業界の転職話などは広まることも多く、またその医療機関が過去の転職関連で医師転職サイトに登録していた可能性も否定できません。

気軽に聞いてみると、「あそこは昔から離職者が結構多くてですね...」なんて思わぬ情報を聞けるかもしれません。

自分が手にした情報は必ず誰かに相談する癖をつけましょう。

もう1つは、紹介の案件がダメだった時に転職活動が振り出しに戻ってしまわないよう、裏でエージェントにそのほかの求人案件を探しておいてもらうことができるということです。

就職活動は1つの案件に対して面談などを行い、破談になったら次の1つを探す...なんて風に進めるとめちゃくちゃ時間がかかりますので、基本的には医療機関に対して同時平行で何個も進める必要が出てきます。

そのためには紹介案件にのみ固執せず、常にいい案件を求めて情報をゲットしてくれる相棒的存在が必要不可欠になってきます。

このようにうまく医師転職サイトを並行して使用しながら、紹介案件をさばいていきましょう。

【関連記事】医師が転職会社、バイト求人サイトを利用する時の実際の流れ

知り合いの紹介で医師が転職するメリット・デメリットと対処法まとめ

医師の転職は他職種の転職とは大きく違い、よほど無茶な条件を希望したりしない限りは就職先に困るということは現在ではほぼないのではないでしょうか。

一つのやり方にとらわれずに、様々なやり方で仕事を探していくのが最善です。

基本的にはツテを用いて仕事を探す手法と、医師転職サイトを用いて仕事を探す方法の両方を利用していく必要があると考えます。

いろんな手法を用いて、しっかり仕事を探そう!

常勤医として転職を考えてる医師へ!考え方とおすすめサイト!

医師転職・バイトサイトを徹底比較!選び方と登録すべきサイト厳選!

こちらも併せて読もう!