フリドク 〜フリーランスの医師が医師転職・非常勤やスポットバイト・フリーランス・医師転職サイトについて考えるブログ〜

フリドクはフリーランス整形外科医が医師転職、非常勤やスポットによるバイト、フリーランスの働き方について考察します。退局や転職体験談、医師転職サイトの評価・評判・口コミ・おすすめなども紹介していきます。

医師転職サイトのバイト求人情報から医療機関を特定し交渉する方法

常勤での転職や非常勤などバイトでも有効な、医師が医師転職サイトのバイト求人情報から医療機関を特定し交渉する方法
もしも医療機関と個人交渉を行いたいと考えた場合、常勤や非常勤バイトなどの医師の求人募集を出している医療機関がわからなければ、そもそも交渉自体ができませんよね。

では求人を出している医療機関をなんとか知る方法は無いのでしょうか?

今回は「医師転職サイトのバイト求人情報から医療機関を特定し個人交渉をする方法」を紹介します。

医師転職サイトのバイト求人案件は公開と非公開がある

公開案件は最初から病院名まで掲載 

医師転職サイトに掲載されている常勤勤務や非常勤バイトなどの求人案件は、情報開示度と言う面から見ると、大きく分けて2種類に分けられます。

1つ目は公開案件と呼ばれるもので、これは求人の詳細な条件や医療機関の施設名、住所などまで公開しているようなものになります。 

この場合は、医師転職サイトのエージェントが契約に関して全て交渉してくれる場合と、自分で医療機関とアポイントメントを取って交渉しなければならないパターンがあります。

これは医師転職サイトによってまちまちなので、わからない場合はまず問い合わせをしてみましょう。

非公開求人の中身は医師転職サイトに登録しないとわからない?

一方で、求人案件の内容についてはある程度の記載があるものの、施設の名前や住所が隠されており、医療機関と連絡を取れないように対策することによって個人的な交渉ができないようにされている求人案件もあります。

また中には、医師求人サイトに掲載自体されていない求人案件なども医師転職サイトのエージェントが持っている場合があります。

これらは一般的には「非公開求人」と呼ばれ、医師転職サイトはこの情報を医師に提供することを生業としております。

ではこれらの非公開求人に関しては、医師転職サイトに絶対登録をしないと求人案件の詳細な中身までは知ることができないのでしょうか? 

実は必ずしもそうとは言えません。

え?どうやるかって?

自分で医療機関を特定してしまえば良いだけなのですよ!

医師転職サイトのバイト求人情報から特定するメリット

では医師転職サイトのバイト求人情報から医療機関を特定するという行為は、医師に一体何のメリットがあるのでしょうか?

特定をすることによって得られるメリットはただ1つだけでしょう。

それでは解説していきましょう。

医師転職サイトを介さず個人交渉を行うことができる

医師転職サイトのバイト求人情報から医療機関を特定をすることによって得られるメリットは「医師転職サイトを介さず個人交渉ができる」という1点につきます。

では一体、個人交渉ができることは医師にとってなにがメリットとなるのでしょうか?

医療機関と個人交渉を行う事で「医師転職サイトの仲介料を医療機関側が支払わなくて良い分、医師個人に浮いた仲介手数料分の給料上昇を交渉できる余地がある」というメリットが生まれるのです。

医療機関は医師転職サイトを介して医師と契約した場合、医師の年俸の大体20%程度を仲介料として、医師転職サイトに支払います。

つまり1500万円の年俸で医師を雇ったならば、300万円を医師転職サイトに支払わなければならないということになります。 

すなわち医師転職サイトを介入させなければ、医師にとっては0〜20%の間で給料上げてもらうという交渉ができる余地が残されるというわけです。

もちろん医療機関側にもメリットがないと交渉は決裂しますので、給与が仮に上昇したとしても20%などもらえることはほぼなく、それ以下の額に落ち着くことが多いでしょう。

医師転職サイトのバイト求人情報から特定するデメリット

では逆に、医師転職サイトのバイト求人情報から医療機関を特定する行為のデメリットというのはあるのでしょうか?

これに関しては2つ大きなデメリットがあると考えます。

意外と医療機関が見つからず特定できない

さっきから特定をしようという風に何度も書いていますが、医療機関の特定は意外と難しい場合も多くあります。

僕個人の全体的な成功率はおよそ70%から80%程度となっております。

つまりどれだけ頑張っても見つからない場合が、20%〜30%もあると言うことです。

さらに言うならば、見つけるための作業もパパッと一瞬で終わるようなものではなく、場合によっては1つの医療機関を探すために何時間も時間をかけてしまうこともあります。

もしもやる場合は、時間にある程度余裕ができる時を選んで特定に全力を注ぐようにしましょう。

バイトの条件交渉がうまくいくとは限らない

仮に特定行為が無事成功したことにより、医療機関を発見することができたとしましょう。

おめでとうございます!やりましたね!なんていうふうに終わりが来るわけではありません。

何故かと言うと、医療機関を特定すると言うのはあくまで「個人交渉をするための前段階」に過ぎず、医療機関を特定しただけでは何も目標を達成できていないからです。

それではいざ発見することができた医療機関に年収交渉を持ちかけたとしましょう。

成功した場合は最高ですね! 

では失敗した場合はどうなのかというと、交渉をする前の自分の希望より安い給与で勤務をすることになると言うことにはあまりならず、そもそもの交渉自体がなかったことにされてしまう可能性が出てきます。 

こうなると給与交渉をちょっと失敗したといリスクとしては、少々大きすぎるのではないでしょうか?

もしも個人交渉をどうしても行いたいという場合は、絶対にここで働きたいと考えるような本名の医療機関で個人交渉を行う事はやめた方が良いでしょう。

失敗したら涙を流す結末にならないとも言い切れません笑

個人交渉は「まぁ採用されなくてもいいか」程度に考えている医療機関でまずは試すようにしましょう。

医師が医師転職サイトの求人情報から特定する方法

まず医師転職サイトのバイト求人をよく見てみよう

それではここからが本題の「医師が個人で医師転職サイトの求人情報から医療機関を特定する方法」の解説になります。

まずは自分が登録していない医師転職サイトの求人、あるいは登録はしているものの求人の問い合わせを行っていない求人を見てみましょう。

自分の希望する条件に合ったいい求人案件は見つかりましたでしょうか?

もしも見つけることができた場合は、求人案件についてしっかりと最初から最後まで目を通してみましょう。

その際に求人情報について注意して見ていただきたい情報が何点かあります。

それは

  • 医療機関の最寄り駅の記載があるか
  • 駅から徒歩やバスなどで何分かかるかの記載があるか
  • 病院の場合は病床数の記載があるか

の3点になります。

今回はこの情報から医療機関の特定をしていきます。

もしもこの情報が記載されていない医師転職サイトの求人案件を見ている場合は、特定することは少し難しいでしょう。

今見ている医師転職サイトの求人情報の医療機関に対して、別の医師転職サイトに掲載されているものを探してみましょう。

実は探してみると意外とあります。

バイト求人情報と合う医療機関を探し出そう

前項の「まず医師転職サイトのバイト求人をよく見てみよう」に記載した、

  • 医療機関の最寄り駅の記載があるか
  • 駅から徒歩やバスなどで何分かかるかの記載があるか
  • 病院の場合は病床数の記載があるか

に合致した医師転職サイトの求人案件は見つかりましたでしょうか?

もしも運良く見つけることができた場合は、この情報をもとに医療機関の特定を行っていきます。

では何をするかと言われれば、とにかくGoogleで検索しまくるのみです笑

問題はGoogleで検索するときにどこから手をつけていくかなのですが、オススメとしては病床数から絞り込むのが比較的やりやすい方法ではないかと考えます。

例えば医療機関の最寄り駅の名前をまず見て、Googleでどこの市町村にある駅なのかを確認しましょう。

その情報をもとに、「◯◯市 ××床 病院」などで検索をかけます。

市町村によっては医師会などの病院の病床数の一覧等をまとめてくれているサイト等が見つかる場合があります。

求人案件に記載されている病床数とほぼ同じ規模の病院を見つけたら、名前をチェックしましょう。

次に病床数で目星をつけた医療機関の名前をGoogleで検索し、病院ホームページのアクセスのページを開いて駅からどれくらい時間がかかるかを確認します。

これが医師転職サイトの求人案件に掲載されているものと同じであれば、特定できている可能性が上がります。

最後に医療機関に直接電話をして、本当に医師転職サイトに求人案件を掲載しているのかを確認する必要があります。

自分の身分を明かした上で「医師転職サイトに掲載されている求人案件を見て、問い合わせさせていただきました。」と伝え、人事担当の責任者と話をさせてもらいましょう。

あとは交渉が失敗するか成功するかは、先生の腕前にかかっています。

失敗したらまた同じ手順を1からやり直して、他の医療機関を特定して個人交渉をしてみるのも手です。

医師転職サイトから得た情報から個人交渉はOK?

医師転職サイトのエージェントがこちらに提示してくれた非公開案件に関する書類を見たあと、エージェントを通しての交渉はせずに、医療機関に直接個人交渉を持ちかけるのはどうなのでしょうか?

これに関しては、基本的にNGであると考えます。

理由を説明しましょう。

医師転職会社からの信用がなくなる

医師転職会社の仕事の種類は多岐にわたりますが、やはりメインとしては医師の転職に関するものになります。

特にその中でも、医師に対して医療機関の情報を提供すると言う行為は医師転職会社の存在価値としても大きな割合を占めます。

ではもしも医師がその情報を得るだけ得たあと、いなくなってしまったらどうなるでしょうか?

入植による出来高払いをとっている医師転職会社は、情報を医師に対して無償で提供しているわけになりますので、その情報だけ抜き取られる行為と言うのは医師転職会社からすると取り扱っている商品を持ち逃げされているのと大差ありません。

医療機関に誰が入職したかというのは後々ある程度調べることが可能で、もし案件を紹介した医師が秘密裏に医療機関に入職をしていた場合すぐにバレてしまいます。

そうなった場合医師転職会社の人間はどのように感じるでしょうか。

間違いなく医師転職会社は嫌な顔をするでしょうね。

そのため、提供した求人案件の情報をもとに裏で個人交渉しないのはもはや暗黙の了解というか、医師と医師転職会社との間の信頼関係に関わる問題として認知されてます。

それを医師側から一方的に放棄してしまった場合、医師転職会社からは「この医師は一緒に転職活動を行うにあたって信用するに値しない」と言う評価になります。

毎回情報の持ち逃げをされてしまってはたまらないので、下手するとブラックリストに載ってしまい、今後転職やバイト探しをするにあたってその医師転職サイトを利用できないと言うことになってしまうかもしれません。

転職やバイト探しにおいて医師転職サイトと言うものは、なくてはならない存在です。

これが今後使えなくなると言うのは極めて深刻な状況になりますので、絶対にやめるようにしましょう。

医療機関からも怪しい医師だと思われる可能性もある

もし医師転職サイトから情報だけを抜き取って個人交渉を医療機関に持ちかけたとしましょう。

ここで医療機関サイドが医師に対して持つ印象は2パターンあります。

  • 医師転職サイトが絡んでない契約だから仲介手数料を払わなくて済む、ラッキー
  • 身元不明の医師がいきなりどこからか求人情報を嗅ぎつけてやってきた

のどちらかではないでしょうか笑

では一体どこから医療機関の求人情報を嗅ぎつけてきたのかと考えて見てください。

紹介の場合は紹介者から連絡が入ることになるためありえず、必然的に「この医師は医師転職サイトから情報を盗み見てきた」と一瞬でバレます。

果たして医療機関も、そのような医師の行動をどう評価するでしょうか?

「仲介手数料を削るためにわざわざ個人交渉をしに来た賢い医師だ、報酬を上げてやろう」と前向きに評価してくれる事はあまりありません。

良くて、「仲介手数料を払わなくて済んだ。その分医療機関の損失が減った。」程度にとどまり、これで喜ぶ医療機関はそもそもお金の重みを知っているため、医師の給与を増やそうなんてまず思いません。

ましてや前項の「医師転職会社からの信用がなくなる」と同じように、真面目な採用担当者が相手の場合、医療機関からも信用されなくなってしまう可能性があると言うリスクになります。

あまりメリットはなさそうですね。

僕がバイト求人情報から医療機関を特定して交渉した話

今までこの記事内で書いている内容は、感の良い読者の方々ならすでにお分かりだと思いますが、僕がやっていた実体験から来るものです
フリーランスになることを決意した後に、僕はまずこの手法を使って定期非常勤バイトを探すことにしました。

前述した通り、この方法で医療機関を特定できたのはおよそ70%〜80%という結果でした。
実際に僕が個人交渉を行うまで至った医療機関の数は、5個程度だったように記憶しています。

その際に僕が医療機関から受けた対応は

  • 何度かけても担当者不在
  • 求人自体がすでに充足している
  • 医師転職会社を挟まない入職申し込みは歓迎だが、金額交渉は不可

と言う3つでした。

お察しの通り、この手法を用いて医療機関と自分の希望通りの契約ができた事は、僕に関して言わせてもらうならば1度もありません。

ただ僕の知り合いのフリーランスの医師は、この手法を使って個人交渉で給料上げてもらったことがあると言う風にも話していました。

僕のやり方が悪かったのか、あるいはこの手法自体が有用でないのかは、全体数もすくなめであり判断が正直つきません 笑

医師転職サイトのバイト求人情報から医療機関を特定し交渉する方法まとめ

医師転職サイトの求人情報からなんとかして医療機関の情報を探し出し、個人交渉をする方法について紹介しました。

個人的には労力と実績が伴っていないのであまり推奨はしませんが、このような方法もあるということは知っておいても面白いかもしれません。

絶対高額じゃないと働きたくないという方はとにかくやるだけやってみるのも悪くありませんよね!

めんどくさい人は医師転職サイトのエージェントに頼んでしまいましょう 笑

僕は医師転職サイトのエージェントに給与交渉を頼んだら、なんと一回で約3割ほど給与が上がったこともあります!

常勤医として転職したい場合

・エムスリーキャリア 

リクルートドクターズキャリア 

・医師転職ドットコム 

・マイナビDOCTOR 

・ドクタービジョン 

・ドクターキャスト

・JMC日本メディカルコネクション 

・民間医局 

・Dr.転職なび 

が上から順におすすめ!

非常勤医としての仕事を探したい場合

リクルートドクターズキャリア 

・マイナビDOCTOR(首都圏のみ)

・医師バイトドットコム 

・ドクターキャスト

・ドクタービジョン 

・エムスリーキャリア 

・民間医局 

が上から順におすすめ!