フリドク 〜フリーランスの医師が医師転職・非常勤やスポットバイト・フリーランス・医師転職サイトについて考えるブログ〜

フリドクはフリーランス整形外科医が医師転職、非常勤やスポットによるバイト、フリーランスの働き方について考察します。退局や転職体験談、医師転職サイトの評価・評判・口コミ・おすすめなども紹介していきます。

新型コロナウイルス感染症と医師の非常勤・スポットバイトの現況と今後を考える

新型コロナウイルス感染症と医師の非常勤・スポットバイトの現況と今後を考える.バイトサイトを使ってスポットバイトをつかもう
新型コロナウィルス感染症(COVID-19)は、医師の非常勤バイトやスポットバイトにまで大きく影響及ぼしています。

今回の記事では、現在のバイト求人サイトにおける傾向と、おるとが考える今後の展開についてまとめてみようかと思います。

現在の非常勤バイトとスポットバイト動向

医師の非常勤バイトは感染拡大を恐れ減少

現在、東京などでは新型コロナウィルス感染症を取り扱う病院からの非常勤バイト派遣を嫌う傾向が見られます。

感染拡大している病院などからの感染症の持ち込みを警戒しているためです。

大学病院からの派遣が切られたりしている事は皆さんもご存知でしょう。

ではこれによってバイト案件が増えているのかと言うと、決してそうとは言い難い状況にあります。

来院する患者数の減少に伴い、非常勤バイトを雇わなくても常勤医のみで業務をこなせてしまうと経営側が判断しているからでしょう。

この事態は大学院生を筆頭とした、いわゆる常勤勤務先からの給料が薄給で、非常勤バイトの給料を頼りに生きていかざるを得ない医師にとって、生活の基盤が揺らぐレベルの大打撃となっています。

 

【関連記事】新型コロナウイルス感染症で医師が非常勤バイトに制限をかけられたら? 

スポットバイトは案件数も給与も減少

スポットバイトの案件数を考える

一方スポットバイトに関しても基本的には非常勤バイトと同様で、全体的な案件数は減少している傾向にあります。

加えてスポットバイトに特徴的なのは、健診バイトが減少したということが挙げられます。

基本的には企業は職種や規模に関わらず、最低でも年に1度は定期検診を実施する必要があるですが、時期については厳格に定められておりません。

そのため定期検診に関しても、新型コロナウイルス感染症の感染拡大のために時期を調節している企業が多くなっています。

病院という感染リスクの高い場所で勤務している医師をわざわざ招き入れて健診を行うなんてことは、現時点では社員の感染リスクを上げてしまうことにつながりませんからね!

また大規模なイベントなども減少しているため、例えば大会に帯同するようなスポットバイトや、ライブ会場の待機なんていう案件も必然的に減少しています。

スポットバイトの給与を考える

前項の「スポットバイトの案件数を考える」で述べたように、健診自体の絶対数が減少してしまうと、今までそれを生業として生きてきた医師は収入源が減ってしまい仕事にありつけない状況に追い込まれます。

いわゆる需要よりも圧倒的に供給が多い状況というわけです。

こうなってくると医師は生活のために、あるいはコロナで外出自粛の鬱憤を晴らすため(?)に、多少給与が安いスポットバイト案件でもつかまざるを得ない状況に追い込まれていくのです。

しかし需要としては相対的に少なくなってしまうために、どんどん値崩れを起こしていくという、自分たちで首を締めるような辛い状況に追い込まれていく羽目になるのです。

事実、医師のバイトサイトを覗いてみると、平常時に比べてスポットバイトの単価が圧倒的に下がっています。

また、メールなどにきた案件に対して問い合わせの返信を送ると、返事が来たときには「すみませんそのスポット案件は充足してしまいました」なんて断られてしまうことも度々あります。

もはや現在はスポットバイトは早い者勝ちの奪い合い、もはや戦争なのです。

今後の非常勤バイトとスポットバイト動向を考える

スポット案件数・給与額の減少が以前の水準まで戻るためには?

この非常勤・スポットバイトの氷河期はいつまで続くのでしょうか?

一生このままになってしまうのでしょうか?

まず状況の変化に絶対的に必要なのは「新型コロナウイルス感染症が落ち着く」ということでしょう。

おそらくではありますが、感染が落ち着くことによって自粛がどんどん解かれ始めると、しばらくしてから「今まで医療を受けたかったが不要不急のため我慢していた」という患者たちが外来に戻ってくるようになるでしょう。

そうなると需要と供給の関係が以前のように、徐々に戻っていくと考えます。

同時に企業の定期検診などもドバッと出てくるのではないでしょうか。

少なくとも前述したとおり、年に1度は必ず受けなければならないのです。

もしも感染が収束しなかったとしても、どこかでタカを括って健診を実施しなければならないのです。

その場合はやはり冬に健診バイトが増え、医師が不足することにより給与額もまた水準まで戻ってくることになるのではないでしょうか。

スポット案件数・給与額の減少がそのままになる可能性

では、現在の状況は将来的に必ず改善されるのかというと、そうとは言い切れません。

何故でしょうか?

それは今回の新型コロナウイルス感染症に対応し続けて、身も心も疲弊してしまった医師がドロップアウトしてフリーターになってしまう医師が出現する可能性がまず挙げられます。

フリーター医師やフリーランス医師が増えると、その分スポットバイトに対する需要が発生してしまうため、ニーズが高まらないということが起こります。

2つ目に、今回のような不測の事態に備えるためにあらかじめ普段から稼ぎを上げておきたいと考える医師がスポットバイトを増やす、ということが考えられます。

こうなると感染が落ち着いた後も、思ったよりもスポットバイトなどの需要が減らず、そのままずるずると条件が下がったままバイトが出続ける可能性があります。

ストライキでもやって、全医師が「こんなやすいスポットバイトできるか!もっと給与額を上げろ!」なんて言って案件を受け付けなければいいのですが、おそらく医師はそんなことしません(断言

今までになかったタイプのバイトが生まれる可能性

オンライン診療

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、医療業界にはある風が吹き込みました。

そう、それはオンライン診療です。

今後はオンライン診療やオンラインでの健康相談などのバイト案件が出現してくる可能性はあります。

新しい事業は基本的には先行者利益がありますので、クリニックなどもこぞって参入してくるでしょう。

感染が収束したらまたオンラインがなくなるのではないか?とも考えられますが、基本的に楽な方に流れた人間が再び戻ってくるのはなかなか難しいかと考えます。

だっていちいち受診して処方だけされていたような患者は、オンライン診療ができるようになったらはるかに楽ですもんね。

ここら辺は診療報酬の変化や導入のしやすさなどから、今後の医療界への普及度が変化すると考えられます。

新型コロナウイルス感染症に対するワクチンのバイト

現在新型コロナウイルスに対するワクチンが各国で開発され、すでに海外などでは接種が進められております。

もちろん日本でもワクチンは接種開始となり、これによるバイトが増える可能性があります。

また、新型コロナウイルス感染症がありふれた疾患となってしまえば、常にワクチン接種のバイトが出てくることになるかもしれません。

そうなると、新しいバイトの一つとして全国各地に球児jんが出てくる可能性が考えられます。

新型コロナウイルス感染症と医師のバイトの現況を考えるまとめ

現時点での医師のバイトにまつわる状況と、考えられる今後の展開について少し書いてみました。

しかし実際のところ「今仕事が欲しい」と考える医師は多いでしょう。

この戦争のようなスポットバイトの奪い合いを制するには、医師バイトサイトをうまく利用することが必要不可欠です。

下記の記事ではスポットバイトを探す上で必要不可欠な考え方をまとめていますので、よければ参考にしてくださいね!

スポットバイトを探したい場合

・医師バイトドットコム 

・民間医局 

・Dr.アルなび 

・MCドクターズネット 

が上から順におすすめ!